MENU

なぜストレスで口臭が出やすいの?その原因は2種類の口臭にあった!

 

誰しも自身の体に悩みを感じていらっしゃいます。 特に口臭は自身で気が付く事もありますが、人から指摘されて気が付く事も多々あります。 人と接見する機会が多い方にとっては口臭は非常に大きな問題ともなってしまいます。 そんな口臭は特にストレスを感じている人に多い傾向があり、2種類の原因が考えられるのです。 そんなストレスがある人から発せられやすい2種類の口臭についてご紹介します。

 

 

【口内からの口臭の原因】

人はストレスを感じる事で普段よりも唾液分泌量が減ってしまいます。 唾液には口内の細菌を退治する働きがある為、唾液の分泌量の低下は細菌の繁殖力を高めてしまい口臭の原因ともなってしまいます。 またストレスを感じている事で唾液が普段よりもネバネバとした状態になってしまう事があります。

 

 

これは舌の下部にある舌下腺から分泌された糖タンパク質が含まれた唾液によるものとなっています。 この糖タンパク質は口内に存在している細菌の繁殖を助ける働きとなってしまい、より口臭がキツくなってしまいます。 口内の口臭の予防や改善に最も高い効果となるのが、唾液の分泌量を低下させない事です。 唾液の分泌を促進させる酸味のある食べ物やキシリトール配合のガムを食べる事で唾液の分泌を行う事が出来ます。

 

 

【腸内からの口臭の原因】

幾ら歯を磨いたりしても口臭が全く治らないと感じた場合は腸内に大きな原因がある事があります。 これはストレスによって自律神経の働きが正常ではない事で発生してしまいます。 自律神経は腸や胃といった消化器官の働きを正常に保つ働きがあります。 腸や胃の働きが正常に働いていない状態となってしまうと、腸内や胃内に悪玉菌が増殖し易くなってしまい、この悪玉菌が悪臭を放つ事で口臭となってしまいます。

 

 

その為、腸内に存在している悪玉菌を体外へ排出させる事が大切となります。 食物繊維が豊富な食材を摂取し、腸内環境を整え悪玉菌を腸内から排出させる事が改善の一つとなります。 また自律神経を正常に保つ事で消化器官の働きを正常に維持する事となりますが、仕事や家庭においてストレスを全く感じない生活を送る事自体がほとんど不可能となってしまいます。

 

 

その為、ストレスを蓄積させずに常に発散させる事が重要となります。 その改善策の中には毎日の食事の際にしっかり噛む事があります。 食事の噛む回数を増やす事で自然とストレス軽減にも繋がっていくのです。

 

 

【改善するには?】

口臭は自分でも気に掛かる事ですが、対面すると相手を不快な気持ちにさせてしまう原因ともなってしまいます。 その為にはストレスをしっかりと発散出来る事を行う事が重要です。 現代はどんな小さな事でもストレスを感じてしまい易い傾向にありますが、趣味事やスポーツを行いストレスを発散させる事が重要です。 さらに普段の生活においても食事の噛む回数を増やしたり、自律神経を正常に維持する為にも食事や就寝時間をしっかり摂り規則正しい生活を行う事が最も重要な事となります。

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ