MENU

オリゴ糖が口臭の改善に繋がる理由って?

 

口臭で悩んでいる人にお勧めしたいのがオリゴ糖の摂取です。そこで、オリゴ糖が口臭に効果がある理由について調べてみました。

 

 

【なぜオリゴ糖が口臭の改善に繋がるのか】

オリゴ糖が口臭の改善に繋がる理由は腸内環境のバランスを整えて、善玉菌が増えることで腸内が清潔に保たれることで口臭の解消へと導いてくれるからです。

 

 

口臭と腸内環境は密接に関係しています。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがオリゴ糖は善玉菌優勢の腸内に改善し、口内環境が向上し、お口のトラブル改善につなげてくれるのです。悪玉菌が増えて腸内環境が悪い状態だと口臭も酷くあり、口内環境が悪化してしまうので、オリゴ糖による善玉菌を増やす働きというのは口臭改善に必要であり大切だと言えます。

 

 

人間の体にはオリゴ糖を分解するための酵素が存在していないので、摂取しても胃や腸では分解されることがなく、そのまま大腸に届けられる性質があることも口臭改善効果が期待できる理由となります。

 

 

【オリゴ糖と砂糖の違いって何?】

オリゴ糖は天然甘味料に分類されます。砂糖も実はオリゴ糖の一つであり、オリゴ糖と砂糖は別々ではなく、オリゴ糖の種類の一つに砂糖があるということが分かります。ですが、オリゴ糖と砂糖には色々な面で違いがあります。

 

 

一つ目はカロリーの違いです。砂糖のカロリーは1グラム4キロカロリーなのに対してオリゴ糖は2キロカロリーです。オリゴ糖は腸内細菌による分解が行われないので栄養素として利用することができず、カロリーとして取り入れにくいことからオリゴ糖の方がカロリーが低いのです。

 

 

2つ目は甘味度の違いです。オリゴ糖は砂糖と比較すると甘味度が低いです。カロリーが低いオリゴ糖ですが、甘味度が低いので甘くしたい場合は砂糖よりも多く使うこととなり、カロリー過多にも繋がってしまうことに注意が必要です。

 

 

3つ目は腸内細菌への影響の違いです。砂糖は腸内細菌によって分解され、胃や腸で栄養素として体に吸収されます。ですが、オリゴ糖は腸内細菌による分解がされず、栄養素として吸収されにくい性質を持っています。

 

 

【オリゴ糖の中でもおススメなのがビフィズス菌を増やすガラクトオリゴ糖】

オリゴ糖には色々ありますが、その中でもガラクトオリゴ糖をおススメします。ガラクトオリゴ糖は難消化性オリゴ糖に分類されます。小腸で吸収されにくいので、ほとんどが直接大腸届けることができます。小腸で吸収される大腸前到達するガラクトオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

 

 

ガラクトオリゴ糖を5グラム摂り続けて約2週間で腸内のビフィズス菌の数が5倍に増えたという実験結果があります。ビフィズス菌のエサとなって腸内環境を整えてくれるガラクトオリゴ糖は口臭改善にも役立ててくれます。ビフィズス菌が増えることで生成される有機酸の働きでカルシウムやマグネシウムの吸収が促進されます。また、脂肪の代謝を高める働きがあり、脂肪を燃焼させてコレステロール値を下げる効果があり、中性脂肪が気になる人もおススメできます。

 

 

そして、他のオリゴ糖にはないガラクトオリゴ糖ならではの働きとしてたんぱく質の消化吸収を助けてくれる働きもあります。オリゴ糖は比較的安定した構造で熱で分解されにくいとされていますが、ガラクトオリゴ糖は高温で強い酸の環境でも殆ど分解されないという性質を持っています。

 

 

よって、口臭改善としてオリゴ糖を摂り入れるならビフィズス菌のエサとなり腸内環境を整えて、酸や熱にも強いガラクトオリゴ糖が最もおススメできると言えるのです。

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ