MENU

ミンティアで口臭予防を実感する人と実感しない人がいるって本当!?

 

手軽に口に入れられるミンティアは口に入れると爽やかな香りが口いっぱいに広がります。そんなミンティアは口の中の臭いを解消してくれるのかどうかについて調べてみました。

 

 

【ミンティアで口臭予防を実感する人といない人がいるのか】

口臭予防目的でミンティアを食べている人は多いです。ミンティアを食べるとお口の臭いが消えたように感じるので口臭予防に効果があるように感じます。しかし、ミンティアは口臭を消すのではなく、お口の臭いを隠しているだけなのです。

 

 

ミンティアの小さな粒で覆い隠せる程度の弱い口臭であればミンティアを食べることで口臭が消えたように感じられますが。強い口臭の場合はミンティアを食べただけでは口臭は改善されません。よって、ミンティアは酷い口臭には効果が期待できず、弱い口臭であれば臭いをを隠してくれる効果によってお口の臭いが消えたと感じることができ、口臭を分かりにくくする効果があると言えます。

 

 

ミンティアで口臭が消えたと言うのは臭いを隠しているということで、口臭が酷くなければその効果を実感できますが、口臭が強い場合はミンティアを食べても隠し切れないものなのでミンティアを食べたからといって口臭に悩んでいる人全員に効果があるとは言えないのです。

 

 

【ミンティアのメリット】

ミンティアを口に入れることで色々なメリットがあります。まずは、緊張している時にミンティアを口にすることで香りでリラックスでき、副交感神経を高めることができます。そして唾液の分泌を促すことで口臭を抑える効果も期待できます。

 

 

ミンティアを噛まずに舐めることで口内を刺激してより唾液の分泌を促します。口臭の原因の1つとして口の中が乾燥状態になっていることが挙げられるので、ミンティアを口に入れて唾液の量を増やすことで口臭を抑えることが期待できるのです。

 

 

そして、ミンティアは持ち運びにも便利なコンパクトサイズなので、いつも持っていられるという安心感が得られます。それだけでもリラック効果を高める副交感神経を活発にしてくれる場合があります。

 

 

【ミンティアのデメリット】

ミンティアは手軽にどこでも持っていけて、口の中の唾液を増やして口臭を抑えることが期待できますが、ミンティアを常に食べていると口内は酸性に傾いた状態になります。

 

 

口内が酸性の状態だと口臭の元を作る細菌の活動が活発になり、臭いが出やすくなり、お口のトラブルが発生しやすくなります。なので、臭いが気になるからと言ってミンティアを過剰に摂取したり、口の中に常にミンティアを入れているような状態にしてしまうと口臭の原因を呼んでしまうことになるのです。

 

 

ミンティアを食べる際は適度な感覚を開けて食べるようにすることを心がけます。そして、ミンティアにはショ糖エステルなど糖質の甘味料が入っているものがあります。ミンティアは口臭改善アイテムではなく、お菓子という分類になるので食べ過ぎてしまうと糖の過剰摂取にもつながってしまいます。また、食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうこともあるので食べすぎは厳禁です。

 

 

ミンティアを食べた時に自分の口臭の方が弱い場合は口の臭いをカバーできますが、ミンティアと自分の口臭が同程度あるいはそれ以上の臭いだと相乗効果に変わってしまいます。せっかくミンティアを食べても口臭とミンティアの臭いが混じって、元の口臭よりもキツイ臭いになってしまうことがあります。

 

 

よって、ミンティアは口臭の程度によっては効果に差があること、食べ過ぎたり臭いが強いとかえって逆効果になってしまうことも覚えておき、適度な量を適度なタイミングで摂取して唾液の量を増やす感じで食べるのが良いと言えます。

 

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ