MENU

腸内環境が原因の口臭って?どんな臭いがするの?

 

毎日丁寧に歯磨きをしているし、口腔ケアもしているのに口臭が気になるという人は多くいます。特に原因不明の口臭に悩んでいるという女性が多くいて、口臭の原因は実は口内ではなく、体内の奥から沸き上がってくる腸内口臭が原因なのかもしれません。腸内口臭とはどんな症状なのでしょうか。

 

 

【腸内口臭とは】

一般的な口臭の原因は「歯磨きを怠った」「唾液の分泌量が少ない」などがあり、口内で細菌が増殖することで口臭を発してしまいます。しかし、ちゃんと歯磨きをしているし、口腔ケアもきちんとしているのに口臭がするという人は、1度マスクをしてみて自分の口臭がどんな臭いがするか確認するとよくわかるのですが、自分の口臭がオナラや便のような口臭がする場合は、腸内の環境悪化が原因で起こる腸内口臭の可能性があります。

 

 

【腸内口臭の原因とは】

腸内の環境が悪くなるとそこから悪臭を発するようになってしまいます。腸内環境が悪い原因には、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていないことがあげられます。腸内で善玉菌より悪玉菌が増えることにより、アンモニアなどの強烈な臭いが発生するようになってしまいます。腸と肝臓が正常に循環されていれば悪玉菌は溜まることはありません。腸が必要な栄養素を摂り入れ、肝臓がその残った分を分解したり、他の物質と合体させて無臭化してくれます。なので、肝臓の機能が低下してしまうと排泄できなかった物質の悪臭が血液に流れてしまい、体内を駆け巡るようになり、体臭や口臭になってしまいます。

 

 

【腸内口臭を改善するには】

腸内口臭を改善するには「腸内の善玉菌を増やすこと」が大事になります。腸内に善玉菌が増えることで悪臭の元である悪玉菌を抑制することができます。腸内に善玉菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌を摂るようにした方が良いでしょう。乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトや牛乳、チーズ、漬け物、味噌などの発酵食品に多く含まれています。

 

 

発酵食品と一緒に、バナナや蜂蜜などに多く含まれているオリゴ糖やグルコン酸を摂ると良いでしょう。オリゴ糖やグルコン酸は、善玉菌のエサとなるので一緒に補給することで腸内にいる善玉菌がより活躍してくれるようになります。あと、納豆に含まれている納豆菌も摂ると良いでしょう。納豆菌は腸内にいる悪玉菌を抑制する働きがあります。

 

 

【注意すること】

腸内環境を良くしたいからと言って善玉菌が含まれている食材ばかり食べるのもよくありません。先程説明した通り、腸内環境というのは善玉菌と悪玉菌のバランスが大事になります。腸内が善玉菌ばかりになり、悪玉菌がいなくなれば、便も下痢になってしまったり、逆にヨーグルトを食べ過ぎてしまうと悪玉菌が増えてしまう原因になってしまいます。善玉菌は熱や酸に弱いと言われており、生きたまま腸内に到達するのは少ないので、腸内環境の改善のためにヨーグルトを摂取するなら善玉菌が生きたまま腸内に届くと言われている「特定保健用食品」を選ぶようにしましょう。

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ