MENU

ゴッソトリノの効果をさらに上げる使い方って!?

 

ゴッソトリノはたったの15秒で口内ケアをして口臭を予防するものです。ですが、どうせならその効果を最大限に引き出して使う方がいいですよね?ここではゴッソトリノの基本的な使い方からさらに効果を上げる方法をご紹介します。

 

 

ゴッソトリノの基本的な使い方!

ゴッソトリノは30日分(30包)入っているので、1日1回の使用で口臭を抑えるものになります。ですので、基本的には朝の朝食後(食べない人は寝起き後)に使用することになります。

 

 

  1. 封を開けて中身をコップに移す
  2. 口に含み、15秒間、歯や舌など口の隅々までグチュグチュして吐き出す
  3. 最後にいつも通りブラッシングをする

 

 

と、まぁこれ基本的な使い方ですが、これだとちょっともったいないです。ですので、効果的に使うには、

 

 

  1. 中身をコップに移す
  2. 口に含んで15秒間すすいだ後、口に残したままでブラッシングする
  3. 液を吐き出す

 

 

先ほどと違いが分かりますかね?違いはゴッソトリノを口の中に残したまま歯ブラシで丁寧にブラッシングをします。

 

 

その理由として、ブラッシングをしないと歯石や細菌の元となるバイオフィルムをうまく剥がせないことにあります。また、ゴッソトリノの有効成分であるシメン-5-オール(殺菌成分)を歯間に確実に届けるためにもブラッシングをしながらの方が効率が良いからです。

 

 

ちなみにゴッソトリノをわざわざコップに注ぐ必要はないのですが、パッケージで口の端を切ってしまう恐れもあるので、なるべるくコップなどの容器に入れてからグチュグチュする方が良さそうです。

 

 

以上がゴッソトリノの使い方です。家で使うことはもちろんですが、外出先や大事な商談前などでもサッとケアをできるので、ここぞという時に持っておいて下さいね!

 

 

【ゴッソトリノ】の公式サイトはこちら

 

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ