MENU

なぜ整腸剤のビオフェルミンが口臭予防に効果があるの?

 

ビオフェルミンと言えば、下痢や便秘に効果のある整腸剤としてよく知られています。ですがそのビオフェルミン、口臭にも効果があることを知っていますか。ビオフェルミンの成分とその効能は口臭対策としてとても便利なのです。ここではその理由と使用方法などについて説明していきます。

 

 

【なぜビオフェルミンが口臭に効果があるのか】

整腸剤であるビオフェルミンですが、一見して口臭に効果があるようには見えません。ですが口臭の原因とビオフェルミンの成分を知れば、何故口臭に効果があるのかが分かります。

 

 

口臭が1番発生する場所は口内です。この口内にいる細菌が口臭を作ります。そして口臭の原因としてはそれほど大きくはありませんが、腸内環境の悪化もその1つです。 前者はともかく、後者についてはビオフェルミンでも効果がありそうだと思った方もいるでしょう。そうです。ビオフェルミンの本来の効果は整腸。胃腸を整え、口臭の原因となるガスの発生を抑制してくれます。

 

 

では前者の原因である口内の細菌に対して、ビオフェルミンの何が効果を及ぼすのでしょうか。その答えが成分である乳酸菌です。口内の細菌は口臭の原因であると共に歯周病の原因でもあります。そしてその歯周病対策として乳酸菌は効果があるのです。実はこの乳酸菌、歯周病の原因となる細菌を排除する働きを持っています。つまり口臭の原因でもあるそれらの細菌を排除してくれるとも言えるのです。

 

 

こういったように、ビオフェルミンの成分である乳酸菌が口臭の原因である口内の細菌を抑制してくれるのです。口内と腸内、2つの口臭原因に対してビオフェルミンはその対策として役立ってくれます。

 

 

【ビオフェルミンの飲み方】

整腸剤としてビオフェルミンを飲むのならば、水と一緒にごくりと飲み込みます。ですが口臭を抑えるためには、口内にビオフェルミンの成分である乳酸菌の効果がないといけません。そのためのビオフェルミンの飲み方として挙げられる方法が2つあります。口内で溶かすように飲む方法と、噛み砕いて飲む方法です。

 

 

どちらでも問題はありませんが、細菌を抑制するために、軽く口の中を行き渡らせてから飲んだ方が良いでしょう。口内の細菌は、歯と歯茎の隙間など細かな所に潜んでいるためです。 もう1つビオフェルミンの飲み方として、注意しなければならないことがあります。ビオフェルミンの成分は乳酸菌です。ですが同時に薬でもあります。説明書にも書いてあるように1日の服用量はしっかりと制限されているのです。口臭が気になるからと大量に服用したり、頻繁に服用したりすることは絶対にしないでください。口臭が気になったので朝と夜に一錠、というぐらいがちょうど良い飲み方です。

 

 

【歯磨きは不要?】

確かに乳酸菌は口臭の原因である細菌を排除してくれます。そしてそれは同時に歯周病の予防にもなるはずです。けれども歯磨きとビオフェルミンの効果を同一のように考えるのは違います。歯磨きには食事の後に歯や歯茎の隙間に残った食べカスを取り除くという役割もあるからです。この食べカスは口内の細菌を増殖させる原因でもあります。口臭を防ぐという意味でも、やはり歯磨きは欠かせないのです。歯磨きとビオフェルミン、これらは排他的な関係なのではなく、組み合わせることで大きな効果を得る相乗的な関係に他なりません。

 

 

【まとめ】

ここまででビオフェルミンの成分や効能が口臭に役立つことが分かって貰えたはずです。ですがビオフェルミンが薬だということを絶対に忘れてはいけません。口臭の改善としてビオフェルミンを用いるなら、歯磨きでその効果を上げると同時に、薬としての制約は必ず守りましょう。そうすればビオフェルミンはあなたの期待通りの効果を発揮してくれるはずです。

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ