MENU

ストレスが原因の口臭ってどんな臭い?

 

虫歯もないし、毎日きちんと歯を磨いているのに、口臭がすると指摘されたり、自分でも臭いと感じてしまったりするという方。口臭が気になって人と会話するのが億劫になったり、家にこもりがちになったり、その影響ははるかに大きいことと思います。実はその口臭の原因、ストレスによるものかもしれない、という事実があるのはご存知でしょうか。口臭があるせいでストレスを感じ、そのせいでますます臭いがきつくなる、そんな悪循環に陥っている可能性もあるのです。

 

 

ストレスが原因となっている場合、それは基本的に物が腐っているかのような腐敗臭です。口からそんな臭いがするのですから、気にせず過ごすなんてことはなかなかできませんよね。他にも、おならのような臭いだったり、アンモニアのようなツンとした臭いだったり、時にはそれが交じり合ったかのような臭いになることもあります。とても受け入れることができないものばかりですが、ストレスを感じてしまうだけで、なぜこんなことになってしまうのでしょう。

 

 

【体の中で何が起きているのか】

ストレスを感じると、気分がイライラしたり落ち込んだりということがありますが、内臓のそれぞれでも異変は起きています。まずは胃です。胃は、ストレスがかかると消化機能がうまく働かなくなります。正常であれば、食べ物はすぐに消化され、腸へと送られるのですが、その機能が弱ってしまうことにより、食べたものがすぐには消化できなくなります。時間をかけてゆっくり消化している間に、胃の中で食べ物は腐り出します。腐敗臭がするというのはここからきています。それは例えではなく、本当に食べ物が腐っていた臭いだったのです。

 

 

同じように、腸も働きが弱まります。消化物から栄養分をうまく吸収できなかったり、便を先へ運ぶことが困難になったりして、下痢や便秘が起きます。こうして腸内環境が悪くなると、腸内にはガスが多く発生し、それが血管を通って口臭として排出されます。息がおなら臭い理由はこれです。

 

 

そして最後は肝臓です。肝臓は人間の内臓の中でもっとも大きく、栄養をエネルギーに変えたり、体内の有害物質を除去したり、とても重要な役割を担っている器官です。人間は疲労や、それによるストレスが溜まると、アンモニアを多く生み出します。本来それを分解するのは肝臓ですが、他と同じく、ストレスによってその働きは緩慢になります。うまく分解できなかったアンモニアが、体臭としてその臭いを出すようになったり、吐く息となって出てしまったりするのです。

 

 

改善するためには

全てにおいて、ストレスが悪の根源です。一切ストレスがかからない生活をするというのは、生きていくうえでなかなか難しいでしょうから、せめてちゃんと発散できるようにしましょう。好きなことを見つけたり、のんびりする時間を作ったり、自分の限界を知り、無理をしないこと、度々体に休息を与えてあげることが大事になってきます。

 

 

あとは、それぞれの内臓をいたわることです。腐敗臭が気になるのなら、胃を休めるために暴飲暴食を控え、お肉類や油物は消化が大変ですから、それらを控えるようにします。

 

 

おなら臭い場合は、腸内環境を整えることに努めます。発酵食品や野菜を多くとること、あとは適度な運動と十分な睡眠も欠かせません。もしアンモニア臭がするのなら、同時に慢性的な体の疲労も感じているはずです。まずはしっかり休養すること、そしてそれからも疲労を溜めないようにしなければいけません。アルコールの摂りすぎも、肝臓が疲れてしまう大きな原因です。もし毎日のお酒が定番になっているのであれば、一日の摂取はビール一本分ぐらいに抑えて、週に一度は休肝日を設けるべきでしょう。

 

プロフレッシュ

ゴッソトリノ

口臭について

このページの先頭へ